普通の幸せが欲しい・・・第2弾

頭痛の原因は悪い姿勢に 整体師資格者がアドバイス

《頭痛の原因は、正しくない姿勢にあり 頚椎性頭痛》

一日中座って仕事をするデスクワーカーは首、肩、腰が痛くないところがない。

その中でも、最も辛い症状は頭痛です。

業務に支障が生じるほどの痛みが激しく、鎮痛剤を飲む。

今は頭痛薬も効果がない。

このように頭痛に悩まされている会社員が多いが、そのほとんどは、その原因を知らず、何の治療を受けていない。

また、最近では、猫背姿勢でコンピュータをみたり、スマートフォンを持ち歩いて見る人が多い。

このように長い時間正しくない姿勢で過ごしてみると頚椎(首の骨)と頚椎周辺の筋肉、靭帯が緊張されて喉頭神経が圧迫され、頭痛が出る。

これを「頚椎性頭痛」という。

▲頭痛や首の・肩の痛みが伴う時は疑ってみよう。

頚椎性頭痛は、一般的に片方の後頭部から頭痛が始まり、首の痛み、めまい、耳鳴り、肩の痛み、腕のしびれの症状が一緒に現われることがある。

重度の場合は目が落ちるような痛みがあり、嘔吐などの症状も一緒にでることがある。

頭痛は、首の動きに応じて、痛みが減ったりひどくなったりする。

もし頭痛と首の後ろ、肩の痛みが伴う場合は頚椎性頭痛を疑ってみましょう。

整体師資格者は頚椎性頭痛は、正しくない姿勢が原因で生じる。

頭痛薬を飲んでも効果がない場合が多い」とし「むしろ頻繁薬の服用で頭痛が慢性化するこよがあるので、注意しなければならない」と述べた。

▲ストレートネック体型は姿勢矯正治療が必要

カメの首のようにストレートネック体型により生じる頚椎性頭痛は、姿勢と体型を正す治療が必要である。

脊椎矯正治療は、脊椎と脊椎の間にスペースを確保して押されている神経の圧迫を解消して、頚椎を正し、頚椎性頭痛の治療に効果的であります。

加えて鍼治療等をを介して姿勢を矯正することで、頭痛が再発しないように助けることができます。

現代人の間違った姿勢や体型に頚椎性頭痛はますます増加している傾向にある。

頭痛を予防するために、常に正しい姿勢を維持する事が大事です。

コンピュータのモニタやスマートフォンの画面を自分の目の高さに合わせて正しい姿勢を維持することを習慣化しなければならない。


Add A Comment