外国旅行の際には海外旅行保険に

旅行保険にもさまざまなものがあるが、海外旅行に出かけるときに勧められる海外旅行保険は、じつにさまざまな状況に対応してくれるようだ。

まず海外旅行先で病気や怪我をしてしまったとき。

健康保険の整備された国内で治療を受ける場合と異なり、たいていの場合高額な治療費を負担しなくてはならなくなるようだ。

さらに不幸にして入院しなくてはならくなった場合、日本から家族が渡航する際の旅費も負担してくれるものがある。

さらに、 
言葉の通じない異国の医療機関で、自分の辛い症状を正確に伝えるのが困難で、通訳をお願いするような場合にも、そうした費用を負担してくれる海外旅行保険もあるようだ。

また、天災などで空港で足止めされ、帰れなくなった場合のホテル代についても負担の対象となる。

それから日本と違って治安の悪い国で、携行品が盗難被害にあった場合や、何かの手違いで預けた荷物が紛失たり、破損してしまった場合なども保障の対象になるようだ。

 
また、そうした場合とは逆に、心ならずも他人のものを傷つけたり、壊したりしてしまった場合や、店の商品に損害を与えてしまった場合にも対応できる海外旅行保険もある。

日本なら客に損害賠償を請求するようなことはないようなケースでも、国によっては法外な損害賠償を求められるケースもあるようだ。

いずれにしても日本国内での常識がそのまま通じるとは限らないのだから、外国旅行する際には海外旅行保険に入るに越したことはない。

 

Leave a Comment